今の状況をしっかりと把握して不動産を利用していく

自由度の低さ

自由に売れなくなります

通常、不動産を売買する場合には、仲介業者を介在させることにより、売主と買主の個別の交渉によって、売買手続きが進められていきます。 ところが、不動産の売主が金融機関等から借り入れを行っている場合において、金融機関等に対して借入金の返済が滞ってしまっている場合や、固定資産税・都市計画税の滞納が発生している場合には、その不動産は競売にかけられることになります。 不動産競売にかかってしまうと、その不動産は売主が自由に処分することはできなくなります。ただし、その不動産の売主が競売開札期日までに借入金等を全額返済できた場合には、競売は取り下げられます。 競売にかかった不動産であっても、すべての不動産が落札されるわけではありません。個別物件によって人気・不人気が出るのは当然のことといえます。

競売流れ物件は宝物かもしれません

競売物件は、一般的に不動産鑑定士によって最低落札価格が設定されます。おおよそ、市場価格の70%程度の金額が設定されることが多いようです。 しかし、この設定金額でも落札されない場合には、さらに最低落札価格が引き下げられるのですが、3度競売にかかっても落札されない物件のことを不動産業界では「流れの物件」といいます。 競売流れとなった物件は、もはや金融機関等の債権者も任意売却に応ずることになるため、大幅に売買代金が下がることになります。 実は、この競売流れの物件の中には「宝物」ともいえます。なぜかというと、市場価格の10%前後の価格であっても、売買が成立してしまうことがあるからです。買主にとっては、「競売流れ物件」はまさに宝物となりうるのです。もちろん、利用用途が明確になっていることが前提となることはいうまでもありません。

建物の競売

土地や建物を購入するときに、一括で支払える人は少ないでしょう。住宅ローンを組んで購入する人がほとんでですが、そのローンが払えず、競売になることがあります。その流れと競売を防ぐ方法を知っておきましょう。

資産の運用を行う

資産運用目的で、賃貸物件を利用することも可能です。賃貸物件にも様々なタイプがあるので、いざというときの為に知っておきましょう。また近年では、礼金を支払わなくてもいい物件が増えてきています。

土地を売る

現在持っている土地を売却したいという場合は、まず土地の査定が必要となります。その土地にどの程度の価格がつけられるのかどうか、多くの観点から見極めて価格を決めます。査定は無料で行なってもらうことが出来ます。

実際に見て購入する

どの物件も同じですが、インターネットや雑誌の情報だけでなく、購入する前には実際に見ておく必要があります。デザイナーズマンションも、通常の賃貸物件と異なる点も多いので、しっかりと確認しましょう。